ギャンブルを題材にしたアニメTOP 5

『咲-Saki-』

『咲-Saki-』は、同じくギャンブルアニメの『賭ケグルイ』と『アカギ』の要素が融合した、完璧なギャンブルアニメです。主人公・宮永咲は、過去に苦い思いをさせられた麻雀が大嫌いな生徒でしたが、友人の須賀京太郎に誘われて学校の麻雀部に入部します。しぶしぶ麻雀に参加した咲は、驚くべき才能を披露します。咲は隠そうとしますが、やがて会長の武井久は咲の誓約を知ってしまうのでした。咲の力は、妥協を許さないプレイスタイルにあると言っても過言ではありません。これにより、麻雀部の設立者であり昨年の大会で優勝した実力者である、原村和と仲良くなるのでした…。

麻雀への苦手意識を、シーズンを通して軽々と克服した咲は、国際レース制覇という高い目標に向かうこと決意します。咲が麻雀に熱中するもう一つのきっかけは、仲良くなった原村との関係でした。

『アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜』

『アカギ』もまた、戦後を舞台にしたギャンブルアニメです。主人公の赤木しげるは、わずか13歳という若さにして麻雀ゲームでヤクザに挑み、打ち負かします。赤木の才能は、300万円もの借金を抱えたギャンブル狂の南郷の救出によって見出されることに。自分探しのため、彼は人生をかけてマフィアと戦い、最後のゲームで一気に距離を縮めるのでした…。

『哲也-雀聖と呼ばれた男』

1997年から2005年にかけて連載されていた漫画『哲也-雀聖と呼ばれた男』は、2000年10月から2001年3月にかけてアニメ『哲也-雀聖と呼ばれた男』として放送されました。弟子が師匠に打ち勝つという、典型的な師弟の物語です。舞台は第二次世界大戦後の日本で、新宿の街で麻雀を打っていた才能あるプレイヤー、哲也の生涯を描いています。『アカギ』などの麻雀を題材にした他のアニメでは、微妙な心理戦で相手を出し抜こうとしますが、哲也は、自分の才能をフルに使って勝利を得ようとはしません。「自分の言葉で追い詰められてもズルいだけだ。デートにはいいプランだがな。」という名セリフも人気を集めています。

『逆境無頼カイジ  Ultimate Survivor』

漫画『カイジ』は福本伸行氏によって1996年から2017年まで連載されていました。同シリーズ作品はマッドハウスに引き継がれ、『カイジ』全26話のテレビアニメシリーズとして映像化されました。カイジが最後の生存者であったことから、脚本家たちはアニメのタイトルを『賭博黙示録カイジ』に決定。放送後、好評を博した『カイジ』の続編を前例に反して、日本テレビが放送することになり、これもまたファンから高い評価を受けました。そして、さらに3本の実写映画が制作され、ファンを熱狂させました。一本目の映画は2009年10月に公開されました。

『賭ケグルイ』

『賭ケグルイ』は、数あるアニメ作品の中でも秀逸な作品です。Netflixで放映されているシリーズは全て、河本ほむらの漫画が原作となっています。舞台は、生徒たちがギャンブルのスキルだけで評価される高校、私立百花王学園です。奇妙なことに、この学園の目的は、さまざまなゲームで他の生徒と戦う能力を育み、リーダーやプロとなる人材を育成することにあります。生徒たちは自分のお金を教室に持ち込み、勝ったり負けたりしながら、他の生徒を服従させていくのでした…。

「ギャンブル」や「運」がストーリーの中で重要な役割を果たすアニメ作品は、実は多数あります。もちろん、ギャンブルとは関係ないアニメでも、おもしろい新作アニメはどんどん発表されていますので、次の休みの日にはアニメを見まくって、どっぷりとフィクションの世界に浸ってみてくださいね!